TOYOTAよ、お前もか・・・

週末の22日に富士スピードウェイにてトヨタモータースポーツフェスティバル2009が開催されました。
2年前のTMFSには行ったのですが、今年はなんといってもTOYOTA F1のラストランを見に行きたかったのですが、あいにく野暮用でいけませんでした。

先日のF1撤退の報道には、まさかあの(豊田)章男社長がそんな決断を下すなんて−−−とびっくりしましたが、これもひとえに時代ということなんでしょうか。
単に時代ということで解決するにはどうにも納得しがたい部分もあって、TOYOTA F1チームより財政面で厳しいチームもまだ残っているわけだし、志の違いというか、モータースポーツへの取り組み方の違いというか、、、なんかやるせません。

まあ、そんなこともあってか、今回のTMSF、章男社長のF1撤退のお詫びから始まったようです。

注目のF1ドライバーですが、トゥルーリ、グロックの両名は来期他のチームで何とかドライブできそうですが、心配なのは可夢偉と一貴。
特に可夢偉の方は最終2戦でのパフォーマンスのとおり、F1ドライバーとして十分にやっていける素質を持った選手だと思います。
来年はぜひどこかのチームでステアリングを握り大暴れして欲しいと思います。
ガンバレ可夢偉!ガンバレ一貴!



山科さん、あの男泣き、可夢偉と一貴をたのんます。

300km減量?

ポッカ
夏です。
男の「鈴鹿1000km」の季節がやってきました。
最近は「ポッカ1000km」という呼び方の方がなじみがあるかもしれません。

オイルショックで一時中断はあったものの、1966年から毎年行われる伝統のレースですね。
第1回大会の優勝マシンはトヨタ2000GT(福沢/津々見組)でした。
80年代から90年代にかけては国際選手権に組み込まれたりして、Gr.CカーやFIA GTクラスのレーシングカーによる迫力あるレースは、さすが日本を代表する耐久レースだと思います。
最近はSUPER GTの1戦に組み込まれて、ますます面白いレースと思っていたのですが、、、、

これもリーマンショックの影響か?世界同時不況の影響か?
今年は300km短縮・・・名称も「インターナショナルポッカGTサマースペシャル」となって「1000km」の文字が消えてしまいました・・・
ひとつの「事件」です、これは!

といっても700kmも結構な距離ですよね。
ドライバーの皆さん、ご苦労様です。

GTマシン主体のレースになった1999年からの結果は以下の通り。
1999年 ホンダ・NSX
2000年 ホンダ・NSX
2001年 トヨタ・スープラ
2002年 トヨタ・スープラ
2003年 ホンダ・NSX
2004年 ホンダ・NSX
2005年 トヨタ・スープラ
2006年 日産・フェアレディZ
2007年 レクサス・SC430
2008年 日産・GT-R

ホンダ:4勝、トヨタ(レクサス):4勝、日産:2勝という内訳ですが、今年はどこのチームが優勝するんでしょうか?

ランキングトップのMOTUL AUTECH GT-Rは86kgのウェイトハンデ、2位のPETRONAS TOM'S SC430は78kgのハンデ、3位のHIS ADVAN KONDO GT-Rは74kgのハンデということなので、この3台の優勝は難しいかな?と思います。
個人的には、期待を込めて最近はFポンで好調な石浦選手のKRAFT SC430や、RAYBRIG NSXなんかが来るんじゃないかと思ってます。
それと今レースで引退を表明している金石勝智選手の乗るKEIHIN NSXも期待できるかもしれません。



決勝は今週末8/23!!!
チケットはまだ間に合うかもしれません!

興味のある方は是非!

え?ワタクシ?
翌週(8/30)のBS日テレの放送で見ます、ハイ。

お買い得BMW?

お買い得なBMWいかがですか?

BMW F1.09

今シーズン限りでF1を撤退することを発表したBMWからBMWザウバー・チームが売り?に出ています。

今シーズンの「HONDA撤退」→「ブラウンGP発足」→「10戦中6勝」と移行した例もありますから、興味を示している資産家もいるんじゃないですかね?

現状はチームの大株主のペーター・ザウバー氏とBMWスポーツディレクターのマリオ・タイセン氏がブラウンGPの時と同様MBOしようとしましたがうまくいかなかったようです。

両氏は新コンコルド協定の調印期限の8/5までに買収完了させたかったようですが、BMWと交渉が成立しなかったようですね。
私見ですが、HONDAの件は、撤退後のブラウンGPの活躍ってHonda Racing F1 Teamの育てた種が花開いたという見方もできますが、エンジンはメルセデスだし、チーム代表のロス・ブラウン氏の経歴もHONDAとはほとんど縁がなかったので、正直乗っ取られちゃった感もありますよね。
フライ氏も居残ってますし・・・

BMWザウバーの場合はHONDAと違うのかもしれないですが、今期はあいにく調子は良くないし(N・ハイドフェルド=6pt、R・クビツァ=2pt、コンストラクター=8ptの8位・・・)、でも力のあるチーム(コンストラクター:2007年=2位、2008年=3位)ですから今後復活する可能性大ですよね。
チームは来年はもう少し活躍できるだろうし、BMWとしては乗っ取られちゃった感のある恥ずかしい手放し方はしたくない、って考えているのかも。

BMWの撤退は惜しいですが、名車C9(1989年:ルマン24h優勝)を作り上げた名門ザウバーの名前だけでも歴史ありますから、どんな形であれ残っていってほしいですよね。

どうすか社長?ポーンと札束で、、、

GT‐R ニュルブルクリンク 7分26秒70!!!

日産GT-R

今年の4月23日に日産GT-Rがドイツ・ニュルブルクリンクで7分26秒70と自己ベスト更新しました。
どんな走りだったのか!とても気になっていましたが【YouTube】にて公開されました。



見ました。
路面悪いのに、あんなに狭いのに、、、、よく踏めます、ホント。

アタックドライバーはもちろん鈴木利男サマ!
55歳の今でもあの走り、素晴らしすぎます!
Shop Info
株式会社シルバーアロー
   新都心Base

 〒338-0004
 埼玉県さいたま市中央区
       本町西3-5-5
  TEL:048-711-7400
  FAX:048-711-7401
   営業時間
   10:00〜18:00
   不定休
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode