スイス ジュネーブモーターショー始まる

【ジュネーブモーターショー10】メルセデススポーツ、Eクラスに新設定






ダイムラーは23日、「メルセデススポーツ」を発表した。新しい純正オプションのブランド名で、まずは『Eクラス』に設定し、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで披露される。

メルセデススポーツはダイムラーの子会社、メルセデスベンツアクセサリーGmbHが手がけた純正オプション。その開発には、メルセデスベンツのデザイナー&エンジニアも参画し、最高のフィット性が追求された。

エクステリア関連では、フロントバンパー、サイドスカート、リア&ルーフスポイラー、ディフューザー風のリアバンパーインサートなどを用意。18インチのアルミホイールは、「メルセデススポーツ」のロゴ入りだ。

走行面では、車高が15mmダウンするスポーティサスペンション、グレーのキャリパーが目を引くスポーツブレーキシステムを用意。室内には、4本スポークのスポーツステアリングホイール、ステンレス製ドアエントリーパネル&ペダルなどをラインナップする。

メルセデススポーツは、まずEクラスシリーズ(セダン、ワゴン、クーペ、カブリオレ)に設定。パーツ装着後でも、メルセデスベンツの車両保証が適用される。ダイムラーは「魅力的な価格設定にする」と語っており、AMG製パーツよりは身近なプライスと予想される。

できるだけオプションを増やして新車の定価の価格を抑えるのがメーカーの狙いみたいです。

より身近にメルセデスがもっとなっていけばいいなと思います。

なんでもいらないものが付いていて価格だけその分アップじゃナンセンスですよね。

AMGのアルミ最初から買ってもノーマルも付いてきちゃうとか(笑)

そこのとこはベンツってちょっと遅れてたのでもっとユーザーのことを考えてユーザーに無駄のない車の購入をできるようにしてほしいものです。

販売する立場にとってもそのほうが気持ちよく商談もできるもん(笑)




NEWEクラスワゴンデビュー!



2010年モデルから発売されるメルセデスEクラスワゴンのオフィシャルフォトが公開されました。
7人乗りのサードシートが装着可能で、荷台のキャパシティは最大1950リットル(VDA計測法)となり、ラグジュアリSUVと同等以上の容量となる。

それよりも、なによりも。。目玉となる車は「E250CDIブルーエフィシエンシー」だろう。
直噴2.2リットル直4ターボは、最大出力204psを発生し、欧州複合モード燃費17.5km/リットル、CO2排出量150g/kmの環境性能を両立したメルセデス自慢の秀逸車。新しいE-クラスステーションワゴンのエースとなる。



いよいよ現行型Eクラスワゴンが発売されます。

2月下旬の予定になっています。

お客様からのお問い合わせは日に日に増えている状態です。

まだカタログは出来上がってきてないんですが(笑)

最初は左ハンドルの550からの配車になるみたいです。

350は4月から!

最近見慣れてカッコよく見えるEクラス。

早く現車を見てみたいです(笑)

レクサスもスーパーカー♪

レクサス(トヨタ自動車)は10月21日、2シータースポーツカー「LFA」を発表した。同日から購入予約を受け付け、全世界で500台の限定販売。購入希望者多数の場合には、2010年春ごろに決定する。価格は37万5000ドル(3750万円)程度。



2シータースポーツカーのLFA。全世界で500台の限定販売

 LFAは、以前からLF-Aの名で開発が進められていたスポーツカー。東京モーターショー2009にあわせて市販車の概要が発表され、プロトタイプモデルを出展した。搭載エンジンは、V型10気筒 DOHC 4.8リッターの1LR-GUE型エンジン。最高出力は412kW(560PS)/8700rpm、最大トルク480Nm(48.9kgm)/6800rpm。10気筒独立スロットル、ドライサンプ方式によるオイル潤滑と、レーシングマシンのような構成のこのエンジンは、最大トルクの発生回転数も高く、高回転域の特性に優れたエンジンとなっている。

 組み合わされるトランスミッションは、6速ASG(Automated Sequential Gearbox)で、トランスアクスル構成によって後輪を駆動する。この6速ASGはシングルクラッチでありながら、大容量のシンクロナイザーリングによって0.2秒の変速時間を実現したもの。AUTO/SPORT/NORMAL/WETの4つの変速特性を選択でき、さらにシフトタイムスイッチによって変速スピードも7段階に切り替えることができる。なお、LFAにはシフトレバーはなく、シフトバドルによる変速操作のみで、リバースはプッシュボタンで選択する。

 ボディーサイズ4505×1895×1220mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2605mm、V10エンジン搭載車でありながら、CFRP材を車体骨格まで採用したことによる軽量化で1480kgという車両重量を達成。これにより2.64kg/PSという優れたパワーウェイトレシオを実現し、発表された動力性能は、最高速度325km/h、0-100km/h加速3.7秒というものだ。

 ブレーキも、フロントに対向異径6ポッドキャリパーを、リアに対向異径4ポッドキャリパーを配し、ブレーキディスクもバネ下重量を軽減するためにCCM(Carbon Ceramic Material)製を採用。キャリパーの配置も車体中心側に配置し、慣性モーメントを小さくするような工夫がなされている。

とうとうレクサスも出してきましたね〜

ベンツSLSとLFA

価格ではSLSのほうが断然安いですね・・・っていってもケタ違いますけど(笑)

昔みたいな魅力あるスーパーカーが今後どんどんでてきたらいいですよね。

小さい頃よくスーパーカー消しゴムであそんだっけ(笑)

いろいろな魅力ある車でこの不景気風を吹っ飛ばせ〜!

やっぱり車って憧れや夢も大事ですよね^^

SLS いよいよ!


このモデルは、1954年に発表された300SLを現代の技術で甦らせたニューモデルで、すで生産終了が決定しているSLRマクラーレンの後継車となるフラッグシップスポーツとして誕生する。そのデザイン、メカニズムにいたるすべてをAMGが手がけているのが特徴。

搭載されるエンジンは「63AMG」にも採用される、6208ccのV8ユニット。これに電子制御スロットルやドライサンプ、マグネシウムインテークなど、さらに手がくわえられることで、最高出力は571ps/6800rpm、最大トルクは66.3kgm/4750rpmまで性能の向上がはかられている。また燃費は欧州複合モードでは7.7km/ℓを記録し、ユーロ5やLEV2、ULEVの排出ガス規制を満たす環境性能も併せもっているという。


エンジンは、低重心化のためフロントアクスル後方の低い位置に搭載され、フロントミッドシップレイアウトを採用。トランスミッションは4つのモードを備える、AMG開発のデュアルクラッチ7速2ペダルMTが用意される。

もちろん車重も抑えられている。オールアルミスペースフレーム構造を用い、ボディパネルにもアルミを多用することでトータル車重は1620kgを実現。ちなみにパワーウェイトレシオは2.84kg/psに達する。この性能によりもたらされた動力性能は、0-100km/hで加速3.8秒、最高速は315km/hを記録するという。

往年の名車300SLにも採用されたガルウイングが確認することができる。ボディサイズは、全長4650×全幅1950×全高1250mm、ホイールベース2700mmと、現行のSLよりもひとまわり大きなサイズとなるが、全高だけをとると65mm低い。またダイムラーからは「ヘッドライト、ボンネットの形状は今までのメルセデスにはないデザインを採用している」とのアナウンスンがあることから、まったく新しいテイストが与えられたスポーツモデルの誕生が期待される。

いよいよ予約販売開始になったみたいですよ〜!

初期募集台数はヤナセさんに確認したら20台くらいだそうです。

価格は総額3000万!!

マクラーレンに比べれば2000万安いですけど・・・高い(笑)

一度まじまじと拝見したいです。

この価格でも20台となると成約になるんだろうな・・・・

ちなみに色は最初は白と黒とシルバーと赤があるらしいです(笑)


猫も杓子もハイブリッド

先日(といっても2週間も前ですが・・・)レクサスからハイブリッド専用モデルとしてHS250hが発表されました。
発表時点で3000台もの予約があったとのことですから、そろそろ街でも見かけるんじゃないでしょうか。

レクサス HS250h

プリウス、インサイトも好評で、これからはハイブリッド車も普通に選択肢の一つとして考えるようになってくるのでしょうね。

日本ではトヨタ、レクサス、ホンダがハイブリッドがんばってますが、欧米ではどうでしょう?

欧州車では、日本未導入ですがメルセデスベンツからS400ブルーハイブリッドが今年の4月に発表されて、これまたドイツでは大好評らしいです。
BMWは7シリーズで、ポルシェはカイエンで、VW・アウディからはSUV車でハイブリッドモデルが近々発表されるとかされないとか・・・

アメリカではGMのシボレーマリブ、シボレータホ、GMCユーコン、キャデラックエスカレード、サターンVUE、サターンアローラがハイブリッド車をラインナップしています。
フォードからはエスケープとマーキュリーマリナーでハイブリッドを出しています。

アメリカ専売の日本車ではトヨタのハイランダー(日本ではハイラックスサーフ?)やカムリ、日産からはアルティマ(日本ではティアナ?)も出しています。
もちろん日本でも販売しているトヨタ・プリウス、レクサス・LS600h、GS450h、RX400h、ホンダのインサイト、シビックもがんばってます。

こうしてみると結構アメリカの方はハイブリッド好きなのかな?とも思えますね。
ヨーロッパはハイブリッドよりクリーンディーゼルの方が進んでいると聞きます。

私も居酒屋でホッピーに焼酎でハイブリッドしています。

ホッピー

え?これはハイブリッドじゃないって?
ハイブリッド車と同じでお財布にやさしいんだけど・・・

それではまた・・・

Mercedes Benz 新型Eクラスの【E63AMG】予約開始

Mercedes Benz E63AMG

今年5月に国内販売が開始されたMercedes Benz 新型Eクラス。
スクエアタイプのヘッドライト、大型グリル、ウェッジの利いたボディライン、すべてが一新され、だいぶイメージチェンジされました。

そんな新型Eクラスにお待ちかねのAMGグレード【E63AMG】が発表され、予約が開始されました。
V8・6.3リッターのAMG製エンジンは525ps!
環境にも配慮して10%の燃費向上と言いますが、、、、こういう車のオーナーさんはやっぱり踏んじゃいますよね、ドカンと。

エンジン馬力がクローズアップされてしまうAMGグレードですが、今回は【AMGスピードシフトMCT】という電子制御式7速トランスミッションがとても気になりますね。
今までのトルコンに代え湿式多板クラッチを採用しているので、ダイレクト感とアクセルレスポンスの向上が期待できます。
たぶん電光石火のスピーディなシフトチェンジを実現しているのでしょうね。

Mercedes Benz E63AMG  Mercedes Benz E63AMG

お店の営業車として、ぜひ導入して頂きたい1台です、、、、、って、そんなわけないか。

激ハヤSUV上陸!BMW X5 M/X6 M

BMW X5M/X6M

4駆です、BMWの。
SUVです、おしゃれな。

都会的でスタイリッシュなBMWのSUV【X5】と【X6】にMモデルですよ、M。

歴代Mモデルといえば、ストイックなピュアスポーツドライビングマシーンって言うんでしょうか、走り命!みたいな感じでしたよね。

で、XシリーズにもMパワーですか?
しかし、そこはBMW。
駆け抜ける喜び、でしたっけ?期待度満点です。

エンジンはMパワー全開のV8・4.4リッターにツインスクロールツインターボチャージャーを搭載で、555ps!!
トランスミッションは6速MスポーツAT!!
内外装ももちろんM仕立てのハイクオリティー。

カッコよすぎです。

BMW X6M  BMW X5M
Shop Info
株式会社シルバーアロー
   新都心Base

 〒338-0004
 埼玉県さいたま市中央区
       本町西3-5-5
  TEL:048-711-7400
  FAX:048-711-7401
   営業時間
   10:00〜18:00
   不定休
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode